2012年04月24日

中部横断道工事現場の見学

中部横断自動車道の工事現場へ見学に行ってきました。
富沢〜六郷間は国が直接整備する高速道路で、平成29年度
の完成を目指して工事が進められています。

まず、六郷IC予定地に案内してもらい周辺を見ました。
ちょうど身延線の線路があり、仮設の踏切が作られていて、
渡らせてもらいました。
P1030595.JPG

線路の先にはインターチェンジにつながるアクセス道路の
橋が見えました。
P1030594.JPG

次に国道52号線を南下して、峡南橋を渡り三沢川にかける
橋の橋げたを見ました。
P1030602.JPG

地上高25mで完成時はこの上に橋がかかることになるそうです。
にょきにょきと何本も立っていますが、この1本がなんと
3億円から4億円といいますから驚き。
IMG_3820.JPG

また、もう少し南へ下って中富ICふきんん付近の田原川に
かかる橋げたも見に行きました。
一つの構造物を作るのに色々な仮設工事が必要になり、
完成までの苦労がわかりました。
IMG_3825.JPG

完成予想図です。
P1030607.JPG

最後に国道から月見橋を渡って醍醐山トンネルの
掘削現場を見せてもらいました。
P1030609.JPG

P1030619.JPG

巨大な恐竜のような建設機械があって、どこかで見た映画のセット
が並んでいるような光景が広がっていました。
P1030611.JPG

P1030618.JPG

醍醐山トンネルの最先端が見えてきました。
P1030614.JPG

トンネルの最先端は、発破で爆破して掘っていくそうですが、
掘り終わった後は、コンクリートで固めて、工事の安全を
期すようです。
この区間は、山や沢が多く、トンネルだけで19本、橋は41本が
計画されているそうです。
P1030612.JPG

完成後は、無料で通行できる区間でもあり、大いに利用したい
ですね。
byみそっちょ

posted by 富士川町 at 11:54| Comment(0) | 取材

2012年02月24日

東日本大震災慰霊法要

東日本大震災慰霊法要

2月23日日出づる里活性化組合が主催で
行っている甲州野梅盆栽展・富士山写真
展などの一環として大震災慰霊法要を
行いました。

小室山本堂.JPG
昭和47年8月13日の夜半に出火し本堂を
焼失しましたが平成12年11月3日に本堂落成

小室山は西暦688年いまから1300年前に開かれた
真言宗の寺でありましたが、西暦1274年に日蓮上人
により日蓮宗になった寺です。

小室山の末寺は100以上ありましたが、明治7年の記録
では末寺40、支院3であります。


小室山正面.JPG
本堂祭壇

小室山法要1.JPG
穂積地域の人達による大震災法要

法要2.JPG

小室山貫首.JPG
小室山妙法寺の小倉日教貫首

2月23日は富士山の日。 富士山が「不死」
とも書かれていることにちなみ、被災者の
慰霊法要と東北地方が復興し、一年前の賑わい
を取り戻すことを願い法要を行いました。

23日は地域の人達50人が参加し
小倉日教貫首がお経を唱え被災者の
慰霊と復興を祈りました。

甲州野梅の盆栽を見ごろを向かえ
ています。

小室山の庫裏において甲州野梅盆栽展
・富士山写真展も2月29日まで行って
いますので是非お出かけください。

梅の香りが春を届けてくれます。

by マルコの父



posted by 富士川町 at 14:19| Comment(0) | 取材