2012年09月26日

富士川町放浪記(井上薬局編)

こんにちは、Jr.Aです。
本日は、鰍沢地区にある老舗の薬屋さん
「井上薬局」さんにお邪魔しました。

P1050065.JPG

「井上薬局」さんは、記録が残っているもので
江戸時代寛政11年から鰍沢の地で薬屋さんとして
商売をしているそうです。
店内には、薬の調合に使う道具が置かれています。

P1050066.JPG

上記の写真は、「分度器」空気の重さで正確に
計れないことを防ぐために空気に触れないつくり
になっております。

P1050067.JPG

これは、時代劇でもおなじみの漢方薬を
ひく道具です。

明治時代の薬屋の許可証を見せてもらいました。
「藤村式建築」で有名な藤村紫朗の名前もあります。

P1050070.JPG

どうしたら200年も続く薬屋さんを営業していけるかと
伺ったところ、お客様との関係を大切にしているとのこと。
来店されたお客様がどんな症状で、どんなお薬が必要かを
丁寧に伺う姿勢を大切にしているとのことでした。
店内には、お客様から毎月送られるという絵葉書が大切に
展示されておりました。

P1050073.JPG

井上薬局では、薬の他に火薬も扱っております。
お店に火薬庫を構えているお店は、県内では井上薬局
だけだそうです。

P1050085.JPG

火薬庫は県の基準に則って厳重に管理されています。
爆発の衝撃を緩和するために様々な工夫が施されて
いるそうです。

お庭には、創業時の碑文が残されていました。

P1050084.JPG

樹齢300年の棗もありました。乾燥していない
新鮮な棗を頂きました。とてもおいしかったです。

P1050082.JPG

P1050083.JPG


薬の調剤室の中も見せていただきました。
中央にある装置が薬の調剤を行っています。

P1050076.JPG

漢方薬や抗生物質など様々な薬が保管されています。

P1050078.JPG

最後に、お忙しい中、快く取材に応じてくださった
「井上薬局」の皆さんありがとうございました。

P1050075.JPG

「井上薬局」はコチラ↓
URL:http://fujikawa-kanko.jp/shop/inoue.html

By Jr.A
















posted by 富士川町 at 12:07| Comment(0) | お店

2012年09月12日

富士川町放浪記(峯硯堂本舗編)

皆さんこんにちは、Jr.Aです。
本日は、甲州雨畑硯の老舗「峯硯堂」さんに
お邪魔しました。

IMG_5169.JPG

甲州雨畑硯は、およそ300年前の元禄文化の
開花期ごろからはじまったといわれています。
時の将軍にも献上されていたそうです。

早速、作品を見せていただきました。

IMG_5173.JPG

IMG_5174.JPG

IMG_5175.JPG

大きい硯は、プロの書道家が使うものだそうです。
高名な書道家も訪れるとのこと。

次に実際に硯を作っているところを見せていただき
ました。

IMG_5179.JPG

硯の原石です。これをノミで削って加工していきます。

IMG_5181.JPG

裏の凹凸を出すのが難しいのだそうです。

使っている道具も見せていただきました。

IMG_5183.JPG

硯の加工に使うノミです。父親の代から使っている
そうです。

IMG_5184.JPG

硯を削る砥石です。削る箇所によって砥石を使い分けて
いるそうです。

IMG_5185.JPG

ノミを使っての手作業で丁寧に削っていきます。
砥石で磨いていき、最後に漆を塗って仕上げるそうです。
作品は、「塩の華」でも扱っております。

IMG_5190.JPG

最後に、忙しい時にも快く取材に応じて下さった
峯硯堂のご主人さんありがとうございました。

IMG_5189.JPG

雨畑硯に関してはコチラ↓
http://fujikawa-kanko.jp/tokusan/amehata.html










posted by 富士川町 at 11:39| Comment(0) | お店

2012年08月30日

富士川町放浪記(松月堂編)

こんにちは、Jr.Aです。
まだまだ暑い日がつづきます。
本日は、鰍沢地区の和菓子屋さん「松月堂」に
お邪魔しました。

IMG_5056.JPG

IMG_5061.JPG


店内には、名物の「栗せんべい」や「山家焼」をはじめ、
様々や和菓子が美しく並べられております。

IMG_5057.JPG

IMG_5058.JPG

「栗なっとう」もあります。

IMG_5059.JPG

IMG_5060.JPG

「松月堂」さんは、今のご主人で4代目、130年くらいつづいて
います。原料にこだわり、機械化しながらも昔ながらの製法に
則った和菓子作りを続けています。

工場を見せていただきました。

「山家焼き」を作っているところです。

IMG_5066.JPG

IMG_5067.JPG

IMG_5068.JPG

「栗せんべい」を作っているところです。

IMG_5070.JPG

IMG_5074.JPG

IMG_5071.JPG

ご主人さん曰く、お客様の「おいしかった」・「他の人にも勧めたい」という
声が、和菓子を作っていてなによりもうれしいことだそうです。

これからも、お客様のニーズに応えながら、安全でおいしい和菓子
を作っていきたいとおっしゃっていました。

最後に、突然の取材にも快く応じていただいた
「松月堂」のご主人さんありがとうございました。

IMG_5075.JPG

松月堂さんはコチラ↓
http://www.fujikawa-kanko.jp/shop/syougetsu.html

By Jr.A













posted by 富士川町 at 10:46| Comment(0) | お店