2012年06月28日

富士川町放浪記(竹林堂編)

皆さんこんにちは。Jr.Aです。
本日は、鰍沢地区の和菓子の老舗「竹林堂」に
お邪魔しました。

IMG_4438.JPG

店内に入りますと色とりどりのお菓子が出迎えてくれます。

IMG_4440.JPG



売れ筋は、「塩まんじゅう」、「かりんとうまんじゅう」、
「富士川」などです。
IMG_4442.JPG

IMG_4443.JPG

現在、新商品として、くずきりのゆず味も販売してます。

IMG_4444.JPG

「竹林堂」は、明治36年創業。先々代の社長が、「竹林の七賢」
にあやかり、心やすまりながらうまい菓子を食べて
ほしいという願いをこめて命名したそうです。


現在の志村社長もその想いを受け継ぎ、「やすらぎ」を
感じるおいしさを求めてお菓子作りに励んでいるそうです。

実際に、お菓子の工房を見せてもらいました。

わらびもちを切っているところです。

IMG_4453.JPG

甲斐玉をつめているところです。

IMG_4450.JPG

蒸かしたての塩まんじゅうです。

IMG_4456.JPG

塩まんじゅうに模様をつけているところです。

IMG_4458.JPG

塩まんじゅうの模様は、「富士川舟運」の高瀬舟をイメージして
います。模様は創業当時から変わっていないそうです。

IMG_4460.JPG

「竹林堂」さんのお菓子は、おいしさの中に懐かしさを感じる
そうです。故郷を離れて暮らしている方々からもお菓子を食べる
ことで故郷の風味を感じるとの声を頂くそうです。

富士川町の風土とその土地の人々に愛され、育まれた歴史と
「やすらぎ」を感じるお菓子作りに取り組む真摯な姿勢を
感じました。

最後に、本日の取材に快く応じてくださいました
「竹林堂」の皆さんありがとうございました。

IMG_4461.JPG

お店のプロフィール
「竹林堂」
URL http://www.fujikawa-kanko.jp/shop/chikurin.html

By Jr.A












posted by 富士川町 at 11:23| Comment(0) | 取材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: