2012年05月17日

サクラ前線上昇中



もう1ヶ月前の話になってしまいますが、大法師公園のソメイヨシノは
4月上旬が見ごろでした。

沖縄で1月頃にカンヒザクラの開花で始まる桜前線は、琉球列島では
一部、沖縄本島から八重山へ南下しつつ、本州〜北海道道南までは
ソメイヨシノ、道央・道北へ行ってエゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)、
道東のチシマザクラへとバトンタッチしながら北上していきます。

根室市にあるチシマザクラが咲く5月中旬から下旬頃が桜前線の終点
とされています。


一方、今日ご紹介するのは、北上ではなく今も櫛形山を上昇している
サクラ達。

ひとつめは「ミヤマザクラ」。

DSC_8218.jpg


ソメイヨシノと違い、葉がすっかり出た後に花を咲かせます。

DSC_8184.jpg

DSC_8181.jpg

DSC_8221.jpg



もうひとつは「ウワミズザクラ」。

DSC_8198.jpg

DSC_8202.jpg

DSC_8212.jpg


初めて見ると「これがサクラ?」と驚きますが、葉は確かにサクラに
特徴的な形をしています。表面が鍛え上げられた腹筋のようなので
慣れれば、葉だけで種類がわかることも。

DSC_8209.jpg


晴れた日にこの木の根元に立つと、ハチなどの羽音が頭上でブンブン
して、カミキリムシを始めとした小型の甲虫も多く集まり、この時期の
重要な蜜源・花粉源になっていることがわかります。


ところで、先日もこの欄でご紹介した平林にある「桜池」。

02桜池.JPG


地元の古老に伺ってもその由来が定かではなかったのですが、周囲
には今日ご紹介したものも含めて多くの自生したサクラが次々に咲く
ことから名づけられたのかな、と最近納得し始めました。


by はろ


posted by 富士川町 at 10:32| Comment(0) | 植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: