2012年02月15日

入町のめずらしい屋根付きの橋

こんにちは。

今日は入町にある屋根付きのめずらしい橋をご紹介します。

国道52号線南川交差点を川沿いに西へ入ると入町です。

昔は富士川の河津(港)に近いのでこの付近が中心街となり
また、町中を通っている道は当時、小室山へ詣でる人々の裏参道にも
なっており大変な賑わいだったそうです。

この入町の通りは当時、舟家業に働く人たちがたくさん住んでいたようで
舟家業に携わる人たちは毎日が危険と向かい合って仕事をしているので
無事を祈願して七面さんや妙見さんを信仰したそうです。

妙見さんの屋根付きの橋
iri-1.jpg

iri-2.jpg

iri-3.jpg

妙見さん参道脇に祀られている道祖神
明治34年4月良日建立
iri-4.jpg

開運妙見堂
iri-5.jpg

iri-6.jpg

iri-7.jpg
ちょうど近くを通った方に伺ったところ
「開運の神様」とおっしゃっていました。

iri-8.jpg

iri-9.jpg

このめずらしい橋を見ながら入町を歩いてみませんか。

N。
posted by 富士川町 at 14:38| Comment(3) | 町内探検
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: