2012年01月13日

小正月行事

どんど焼き

小正月のどんど焼きはほぼ全国共通で呼ばれている。

地域によっては、鬼火焼き、火振りかまくらなどと
呼ばれています。

富士川町のどんど焼きを紹介します。

鰍沢.JPG
鰍沢のどんど焼きやぐら 昔は戸川へ多くの
やぐらが建ち大きさを競った 今年は3棟です。


最勝寺朝日ヶ丘.JPG
最勝寺の旭ヶ丘地区のどんど焼きやぐら


最勝寺上組.JPG
最勝寺上組のどんど焼きやぐら


最勝寺の戸川には多くのやぐらが建ったが今年は少ない。
昔は、長い竹を建てて高さを競った。

道祖神.JPG
道祖神 集落の境や村の中心、 村内と村外の境界や道の辻、
三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、 芭蕉の
「奥の細道」では旅に誘う神様として冒頭に登場する。 村の
守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰されている。

小室上手のどんど焼きやぐらを紹介します。
穂積地域のどんど焼きやぐらは最勝寺地区と
少し違います。
小室上手4.JPG
どんど焼きやぐらまでの道しるべ


小室上手3.JPG
竹で作った門をくぐり どんど焼きやぐらに着く


小室上手2.JPG
小室上手のどんど焼きやぐら

どんど焼きは、五穀豊穣・商売繁盛・無病息災・
家内安全・書道の上達祈願して行われる。

明日はみなさんもどんど焼きに行って、お団子
を食べて無病息災や家内安全を祈願してください。
きっと良い年になります。

by まるこの父 今年もよろしくお願いします。





posted by 富士川町 at 11:49| Comment(0) | 日記